四角いお尻にさようなら!仕組みがわかれば美しいヒップラインは保てる

ぷよぷよたるんでいませんか

お尻は一つの筋肉として体で一番大きな筋肉だということをご存知でしょうか。年齢とともに大きく垂れ下がり形が四角くなってきたという人も多いのではないでしょうか。そもそもお尻の筋肉がしっかりとしているからこそ、骨盤を立て、背骨ごと上半身を保つことができ、股関節やもも、ヒザをしなやかに動かして歩くことができます。加えて腹筋とも繋がっており、内臓を骨盤の真ん中の正しい位置で支える役割を持っています。お尻が四角く広がってきたというのは、筋肉が弱まり、底へとつながるももの外側にある骨盤からヒザまで支えている白い靭帯が衰えてしまうからです。そうなると本来のお尻にあるはずの筋肉が脂身化し、もものほうへと落ちてきてしまっているのです。これは見逃してはいけないサインであり、若いのにだらっとしたヒップラインをしてる人は意識的に動かしていくことが大事になります。

引き締まったお尻は内側から美しい

お尻の筋肉と腹筋は強く結びついているので、お尻の筋肉が衰えてしまうとお腹がぽっこり出てきます。試しに立った姿勢でお尻をキュッと寄せてみると腹筋が使われているっことがよくわかります。つまり、お尻が弱ればお腹も弱り頭の重みを支えられなくなった上半身が前のめりになるので、股関節がうまく使えなくなるわけです。そうなると正しい歩き方ができなくなるので、余計にお尻の筋肉は衰えていくでしょう。加えて、仙骨の裏から股関節には体で一番太い血管が通っており、お尻がたるんでいると足から血液を送り返すポンプ機能も弱まってしまいます。大切な筋肉を保つために日常的にお尻をキュッと寄せてお腹もキュッと引くようにして、ヒザや腹筋としっかり動かすことが大切でしょう。

四角いお尻にさようなら!仕組みがわかれば美しいヒップラインは保てる

ぷよぷよたるんでいませんか

お尻は一つの筋肉として体で一番大きな筋肉だということをご存知でしょうか。年齢とともに大きく垂れ下がり形が四角くなってきたという人も多いのではないでしょうか。そもそもお尻の筋肉がしっかりとしているからこそ、骨盤を立て、背骨ごと上半身を保つことができ、股関節やもも、ヒザをしなやかに動かして歩くことができます。加えて腹筋とも繋がっており、内臓を骨盤の真ん中の正しい位置で支える役割を持っています。お尻が四角く広がってきたというのは、筋肉が弱まり、底へとつながるももの外側にある骨盤からヒザまで支えている白い靭帯が衰えてしまうからです。そうなると本来のお尻にあるはずの筋肉が脂身化し、もものほうへと落ちてきてしまっているのです。これは見逃してはいけないサインであり、若いのにだらっとしたヒップラインをしてる人は意識的に動かしていくことが大事になります。

引き締まったお尻は内側から美しい

お尻の筋肉と腹筋は強く結びついているので、お尻の筋肉が衰えてしまうとお腹がぽっこり出てきます。試しに立った姿勢でお尻をキュッと寄せてみると腹筋が使われているっことがよくわかります。つまり、お尻が弱ればお腹も弱り頭の重みを支えられなくなった上半身が前のめりになるので、股関節がうまく使えなくなるわけです。そうなると正しい歩き方ができなくなるので、余計にお尻の筋肉は衰えていくでしょう。加えて、仙骨の裏から股関節には体で一番太い血管が通っており、お尻がたるんでいると足から血液を送り返すポンプ機能も弱まってしまいます。大切な筋肉を保つために日常的にお尻をキュッと寄せてお腹もキュッと引くようにして、ヒザや腹筋としっかり動かすことが大切でしょう。

品川美容外科の2chについて詳しく