身体が錆びつくと老いてしまう!黒幕の活性酸素をどうにかしたい!

活性酸素が悪さをしている人は?

老化が引き起こす嫌な症状のうち、多くは活性酸素が黒幕だと言われていますよね。美容はもちろん、健康状態やQOLにも影響を与える存在なので、決して侮ることはできません。体内で作られる活性酸素の量そのものを減らしたり、既に作られたものでも無毒化することが出来れば、老化スピードをゆるやかにすることも可能です。同窓会で同い年と思えないくらい、外見年齢に差がある人がいますよね。実年齢よりも若くてハリのある肌の人は、活性酸素を除去したり、きちんと日常生活から気を配ってエイジングケアをしているんですよ。肌に小さなしわが増えてきた人、それから顔がたるんで太ったように見える人は、活性酸素のせいで老ける速度がアップしている可能性が…!活性酸素は肌だけではなく、頭皮や髪の毛にも悪さをするので抜け毛や白髪が酷くなった人も気を付けましょう。

酸化させないように食べ物パワーを借りて

身体にとってはマイナス面が大きい活性酸素ですが、紫外線以外にも様々な原因で作られることでも知られています。タバコや大気中の汚染物質、過度のストレスなどからも体を守らなくてはいけません。でも、活性酸素の原因を完全に遮断して生活することは実質不可能なんですよね。それでは、身体が老化して容姿が衰えていくのを待つしかないのでしょうか。実は、身体には元々活性酸素を除去する抗酸化力が備わっています。ある程度は無害化できるものの、人体の抗酸化力は40歳以降は低下していくので、身体から失われる分は食べ物から補うようにしていけば十分カバー可能です。ビタミンCの含有量が多いレモンや、スーパーフードのカムカムフルーツなどがおすすめ。

品川美容外科の提訴について調べる