知っているようで知らない活性酸素!若く見られたいなら体の酸化を防ごう!

活性酸素にはプラス要素もあるけれど…

年齢を重ねたお肌にしわやたるみが増えるのは、活性酸素のせいで身体が錆びつくからです。活性酸素は老化の主な原因としてあまりにも有名な存在ですが、身体にとっては必要不可欠な存在でもあります。人間の生命維持の為に酸素が消費される時、体内で全体の2パーセントが活性酸素に変化しますよね。この活性酸素にもちゃんとした役目があるんですよ。身体に侵入したウイルスなどにダメージを与えて、病気から身を守ってくれます。でもかなり攻撃力が高いので、必要以上に酸素から作り出されると正常な細胞までダメージを受けて酸化することに…。酸化という現象が起こると細胞の老化が進み、老廃物が体内に蓄積されていきます。さらに血液中の悪玉コレステロール値を上昇させるという厄介な性質もあるので、全身が内側から錆びついていくんですよ。

抗酸化酵素が減っても大丈夫なの?

紫外線が活性酸素を増やす要因になっていることは周知の事実ですよね。でも、活性酸素の原因って身の回りにびっくりするくらい溢れています。電磁波に農作物に撒かれている農薬、大気中に漂っている有害な物質…、これらが完全にない場所を探すのは非常に難しいことでしょう。たまたま身体にいい環境に暮らしていたとしても、ストレスが多い人や睡眠時間の短い人は身体が錆びつきやすいです。身体にも抗酸化酵素があるので自力で活性酸素を無害化することはできますが、加齢で肝心の酵素が減るので生活習慣を見直しながら、ポリフェノールやビタミンCなどの豊富な食べ物を摂取するようにしてくださいね。

品川美容外科の起訴について詳しく